抑肝散ですっきり気分爽快【緊張をほぐしリラックス効果も期待】

子どもから高齢者まで

カウンセリング

中国や日本で昔から使われてきた抑肝散は、子供の夜泣きや大人の神経症などにも効果があります。また認知症の症状にも作用し、小さい子供から高齢者まで使える漢方薬です。効き目はゆるやかなので、服用を途中でやめないことが大切です。

詳しく見る

漢方を上手に活用する

医者

漢方の中でも、効果が現れやすいと評判なのが抑肝散です。これは、症状として神経の高ぶりが見受けられる方に、最も適した漢方です。また、強張った筋肉の緊張も緩める作用があり、心身共に落ち着きを取り戻す効果が期待出来ます。

詳しく見る

安全性の高い生薬です

カウンセリング

精神的に不安定になりがちな人や、イライラや不安感、不眠などの心身の不調で悩んでいる人は、漢方の生薬の抑肝散がお勧めです。比較的副作用が少なく、安全性の高い商品なので一度試してみると良いでしょう。顆粒タイプの商品は飲みやすいです。

詳しく見る

医療機関に相談しよう

聴診器

精神面の不調の改善には薬が役立ちますが、漢方薬にも良いものがあり、抑肝散も注目されている薬のひとつです。小児から成人、高齢者まで幅広く使われており、神経症や不眠、イライラなどの改善に役立つとされています。

詳しく見る

良質な睡眠を実現できます

ハート

認知症にも効果が期待

毎日の日常生活の中でイライラした気分になったり、なかなか寝付かれないなどの悩みをお持ちの方は多くいらっしゃいます。特に長期間の残業やシフトワークでの勤務では不規則な形態での就業になりがちで、眠るべきときに眠れなかったりその影響でストレスが蓄積したりして、気分もイライラしてくるのは間々見られる症状です。睡眠薬や不安を抑える薬なども、医療機関で処方されていますが、強い眠気に一日中見舞われたり頭がボーとしたりと副作用もきになります。このような気分の問題や睡眠不足などの問題にケアできる漢方薬があります。それは8種類の生薬を含む、抑肝散と言う漢方です。東洋医学における「五臓六腑」のひとつの「肝」に作用するくすりです。ただ「肝」といっても肝機能の改善だけでなく、感情をコントロールし沈静化することで良質な睡眠などの作用をもたらします。抑肝散の特徴は特定の病気などに限定することなく、イライラした気分や焦燥感に駆られる気分障害なら更年期障害や単に性格的に怒りっぽいなどの性格の方でも、服用すると神経の高ぶりを抑え、全身の緊張をほぐしリラックス効果も期待出来ます。副作用の心配も少なく、イラついたときや眠れないとき気軽に服用できるのがメリットです。不安や焦燥感や睡眠状態の改善などにすぐれた効果を発揮する、抑肝散ですが認知症への効能についても注目が集まっています。認知症とは特殊なたんぱく質が脳に蓄積したり、血管障害で血行不良などをきたしたりすることで脳細胞が萎縮し記憶障害や問題行動をもたらす病気です。認知症のなかには忘却などの共通する症状の他に、徘徊や物を盗られたと妄想するなどの「行動心理症状」などの症状が出現します。とりわけ行動心理症状は介護の負担を大きくするので、場合によっては抗精神薬や抗不安薬などを投与することが行われてきました。抗精神薬では身体の活動の活性を奪うこともあり問題視されてきました。これにひきかえ、抑肝散には日常生活の活動の活性を低下させることなく問題行動を改善させる効果が認められています。しばしば認知症では興奮状態に陥ることも珍しくありませんが、抑肝散を投与することで興奮した状態の沈静化をはかり、怒りやすいイライラを改善し気分を平穏に保ち生活の質を上げる結果をもたらすことが知られています。このように認知症の精神症状や問題行動の改善をみることは、介護するサイドの人間にとっても大きな負担軽減をもたらします。このような認知症患者に無理をかけることなく諸症状の緩和を図ることができるので、西洋薬の認知症治療薬との併用などの治療効果に期待されています。